トヨタ紡織東北

先輩社員の声

鎌田 佑季子(業務部  児童教育学科 / 2017年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 地元で働きたいという気持ちが強かったので地元企業を優先で選びました。
就職活動の軸として「将来性」「人間関係」を重視していましたが、自動車の内装品を作っているトヨタ紡織東北に大きな将来性を感じたと共に、会社見学に参加した際の職場の雰囲気に惹かれて入社を決意しました。
 配属先の営業調達室は、アットホームで困り事があれば気軽に相談が出来ます。室員それぞれが担当業務に責任を持って取り組みながらも仕事のオン・オフをはっきりさせており、充実感を持ちながら働く事の出来る雰囲気だと感じています。
②担当している業務内容
 主にシートカバーの見積作成を担当しています。図面を参考に材料費を積み上げたり、実際のカバーを用いて加工費の算出を行います。カバーは同じ車種でも様々な仕様があったり、車種によって特徴がある為、それぞれに合う見積基準でカバーとしての金額を決定しています。私はカバーの見積を作成していますが、実際に縫製を行っているわけではないので、作業者から聞いた縫製のやり難さや特徴を吸収し、利益に反映出来る見積作成を目指しています。
③仕事のやりがいについて
 文系の大学出身の為、数字を扱う営業調達室に配属された時は不安でいっぱいでした。ですが、ひとつずつ丁寧に教えてくださる上司や先輩のおかげで、 今では少しずつではありますが、自分なりに考えながら業務を進められるようになりました。見積の作成は細かい作業の繰り返しなので、数字が合わなくて何度もやり直したり、利益率を高める為に現地現物でカバーを見ながら見積の改善を行っています。会社利益に大きく影響する業務なのでプレッシャーや 緊張感もありますが、実際に自分が携わった車が走っているのを見た時、仕事にやりがいを感じています。

藤原 豪士(生産技術部  材料物性工学科/ 2010年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 職場に大学の先輩がいたのをきっかけに会社の特徴を調べました。自動車、飛行機、船など多くの移動手段がある現在、すべてに共通して存在しているものがあります。それがシート(座席)です。 今後の世の中で様々な乗り物が開発されていく中ですべての場面に携われる可能性を感じ、入社を決めました。
②担当している業務内容
 私の担当している生産技術は、設計・開発担当者のこうして作ってほしいという思いと工場がどのように作りたいかを繋ぐ職種です。 具体的には図面として出てきた製品をどのような順序で作るか、また、それを実現出来る工程や設備を計画します。 設計されたものを工場で製品として作る為に直接サポートをする業務です。
③仕事のやりがいについて
 自分が考えた設備を使用して工場で製品を作るタイミングがあります。 この時に設備を使用している現場の担当者から賛否両論の意見をいただきますが、最近では「以前より使いやすいものになった」、 「設備メンテナンスが楽になった」と感謝の声もいただくようになり、非常にやりがいを感じています。

大向 悠太(生産管理部  法律学科 / 2016年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 幼い頃から車が好きで、ミニカーで遊んでいました。大学の就職活動の時期にたくさんの職種を見ましたが、好きなものに携わり長く働きたいという思いが強く、 この会社を選びました。 クラブ活動や会社行事などの福利厚生制度が充実しており、ONとOFFのメリハリをつけて働ける会社だと感じています。
②担当している業務内容
 私は新車プロジェクトの進行を行っており、新車の立ち上がりへ向けて開発から生産までの全体日程の管理をしています。 車種ごとに担当が分かれていて、計画を立ておよそ1~2年をかけて生産の準備をしていきます。 開発から生産準備、立ち上がりまで全体を見ながらリードする事が求められるので、時には上位職の方と立場も関係なく意見を交換する事があり、刺激を受けながら仕事をしています。
③仕事のやりがいについて
 問題のない円滑な立ち上がりへ向けて1~2年をかけて計画を立て準備をしていく為、長い期間をかけて立ち上がりを迎えた時が一番やりがいを感じる瞬間です。計画通りに出来ているのが当たり前の仕事なので、「当たり前を当たり前にやる事」の難しさを身に染みて感じています。また、開発から生産までの一連に携わる事が出来る為、たくさんの方と出会い、同じ目標に向かって進んで行く一体感を得られるのもこの仕事のおもしろいところです。

佐々木 麗衣(品質管理部  ビジネス情報科 / 2016年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 社会人になるにあたり運転免許を取得し、学生時代の私にとって将来の身近な存在となる自動車に興味が湧きました。 そんな自動車に関わる仕事に就きたいと思い、この会社を選びました。 現場では様々な目線で常に工夫・改善がされており、安全・品質はもちろんのこと、作業者にとって働きやすい環境です。 また、多くの先輩達がそのような環境を作る為にそれぞれの業務を行っており、会社全体としてのチームワークの良さを感じます。
②担当している業務内容
 私は、お客様へ品質の良い製品を納入する為の業務を担当しています。 主に、様々なリスクを想定して不具合を発生させない・流出させない為の工程作り、発生した不具合の要因を調査して再発させない対策、 受け入れる部品や自社製品の品質評価などを行っています。
③仕事のやりがいについて
 不具合に対して臨機応変に対応する事や、現場の方々や仕入先・納品先の方々など多くの人と関わって業務を進めるのは難しさと厳しさを感じますが、その分大きなやりがいも感じます。
また、要因が掴めずにいた不具合を解決出来た時や職場の皆で協力して乗り越えられた時、現場の方から感謝の言葉をもらった時にはとても 達成感が得られます。

佐々木 文乃(生産課  総合学科 / 2008年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 将来的にも安心して働ける会社に勤めたいと思っていた時に、福利厚生や長期連休などがしっかりしていて魅力を感じたので、この会社を選びました。
子供がいても上司の理解や先輩方の協力があり子供の事を優先出来るので、子育てしながらでも働きやすい職場です。
②担当している業務内容
 工程で作られたタイヤの泥よけとなるフェンダーライナーや、エンジンを保護するエンジンアンダーカバーの検査をしています。
③仕事のやりがいについて
 検査は最終工程です。自分が検査し、お客様へ高品質な製品を出荷する事が出来ている時にやりがいを感じています。

齋藤 智哉(生産課  スポーツ健康科学科 / 2010年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 小学校の頃から車に興味を持っていて自動車関係の仕事に就きたいと思っていたところ、就職活動中に車の内装品を製造している当社を知り、自分でシートを作ってみたいという思いが強くなり選びました。 先輩方の人柄も良く、入社間もなくは不慣れな作業で不安と焦りがありましたが、気さくに声を掛けてもらい働きやすい環境です。
②担当している業務内容
 シート生産ラインのリーダーをしています。安全に良い物をムダなく効率的に作る為に、レイアウトや誰でも出来る作業手順を考えながら資料作成や改善、ライン対応などをしています。
③仕事のやりがいについて
 作業・仕様・ルールなどを教えていますが、一つ一つ教えたことを作業者が 一人前に出来るようになった時に嬉しさややりがいを感じます。
また、教える事は自分自身の成長と自信にも繋がっています。

遠藤 あかね(工務室  普通科 / 2015年入社)

①この会社を選んだ理由と入社して感じた事
 以前から自動車に興味があり、自分の手掛けた製品がたくさんの方々の役に立てば良いと思ったからです。 私の部署の方々は皆さん良い方ばかりで、困っている事があれば協力し合って業務を進める事が出来ます。 また、先輩方も時には厳しくメリハリを持って仕事をしているので、とても働きやすい職場です。
②担当している業務内容
 工場窓口として来客対応、事務局として会議の運営や資料作成、工場全体の経費管理などを行っています。
③仕事のやりがいについて
 所属する「工務」という部署は部品の発注がメインですが、工場全体の管理も行っています。 私は工場全体の経費管理や来客対応、工場見学のお客様が来た際には工場の概要説明など、様々な仕事をしています。 難しい業務があると悩む事もありますが、解決出来た時は達成感があってやりがいを感じます。
                 

お問い合わせ

トヨタ紡織東北株式会社
総務人事室 採用担当

TEL: 0197-67-1111

ページの先頭へ戻る