トヨタ紡織東北

環境活動

環境基本理念

トヨタ紡織東北グループは地球環境を保護するため、

  1. 『豊かな21世紀社会への貢献』
  2. 『自主的な取り組み』
  3. 『社会との連携・協力』
  4. 『環境技術の追求』

に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

トヨタ紡織東北株式会社 TBソーテック東北株式会社

環境方針

1.トヨタ紡織東北グループは、自動車用内・外装品の調達・生産・提供を通じて、以下の持続的な環境活動を推進
  します。

  •   1)CO2排出量の低減
  •   2)廃棄物排出量の削減
  •   3)水使用量の低減
  •   4)資源再利用の促進
  •   5)化学物質排出量の低減

  この方針を実現するため、環境パフォーマンスを工場させ、環境マネジメントシステムを継続的に改善します。

2.環境に関する環境法規制・条例、地域協定を順守するとともに、環境へ及ぼす影響を予測・評価し、環境汚染を
  予防します。

3.環境に関する目的、目標並びに具体的な実施事項を明確にし、環境保全活動に取組みます。

4.計画的な教育と啓発活動により、従業員一人ひとりが自覚と責任を持って行動し、地域社会に貢献する活動を推
  進します。

5.地域社会とのコミュニケーションを充実させるとともに、地域における循環型社会形成を目指します。

2017年4月1日
トヨタ紡織東北グループ 環境保全総括者  蛭田 隆久

環境活動

トヨタ紡織東北グループは、会社としてはもちろん、社員一人ひとりが社会の要請に応える必要があると考え、さまざまな環境活動を実施しています。

  • 「白山の森」保全活動

    地域自治会の森保全活動

  • 森づくり活動

    「環境の森大衡」での森づくり活動

ページの先頭へ戻る