トヨタ紡織東北

ごあいさつ・基本理念

ごあいさつ

当社は、自動車用シートの専門メーカーとして1957年に横浜で発足しました。
社是に『革新』を掲げ幾多の困難を乗り越え自動車業界の成長とともに、 コンパクトカーの内装メーカーとして、発展してまいりました。2002年には本社を神奈川県から岩手県に移し、東北の企業として新たなスタートを切りました。
自動車業界は厳しい試練に直面している現在、当社といたしましても、 生産体制の拡充整備を図り、常にお得意先のご満足を得るコストで高品質の製品を作り出すべく、あらゆる企業努力を続けております。

2009年に社名を関東シート製作所からトヨタ紡織東北に変更し、2011年には宮城工場を新設し文字通り東北地区に根ざした会社として、今後更に経営全般の合理化を図ってまいります。また、良好な労使協調の美風を育成し、 強固で活力のある結束のもとに、少数精鋭をもって経営目標を達成し、皆様のご期待に沿う覚悟でございます。

取締役社長 足立 記通

社是

革新

基本理念

1.社会 企業理念の徹底をはかり、よき企業市民として、社会や環境との調和に積極的に取り組む。
2.お客様 研究と創造に努め、お客様に信頼され、喜ばれる魅力ある商品を提供する。
3.社員 相互信頼を基本に、自己啓発と行動力を尊重し、社員の誇りと夢を実現する。

健康経営の推進について

心身の健康状態を維持・向上させ、一人ひとりがいきいきと働くことができる職場づくりを行います。
 ⇒ 健康宣言・推進体制・取り組み事項 等

次世代育成支援について

すべての社員がその能力を十分に発揮できるよう、当社では次のような取り組みを行います。
 ⇒ 次世代育成支援 行動計画
 ⇒ 女性活躍推進法に基づく行動計画

ページの先頭へ戻る